トレンドアフィリエイト実践開始!1日目に行ったこと

さてさて、トレンドアフィリエイトへの再挑戦です!

正直、一度挫折しているだけに、本当に腰が重かったのです。ですが、周りがトレンドアフィリエイトを実践し、実際に稼いでいるのを聞いていたので、なにもせずにいるのはもったいないなと感じ重い腰を上げることができました。

なぜ再挑戦なのかというのは、『トレンドアフィリエイトに再挑戦!挫折からの反撃!』で触れていますので、ご興味があればご覧ください。

実践1日目に行ったこと

既に一度、最初のかじりだけでしたが、トレンドアフィリエイトは実践済でしたので、ある程度やることというのは頭に入っていましたので、迷うこと無く始めることができました。

スタート
  • 無料ブログの開設
  • 無料ブログにAdSense審査用の記事を投稿する
  • AdSenseの審査を通す
  • WordPressブログを作成する
  • 記事を作成して投稿する
中でも、最初のAdSenseの審査を通すという部分は、ある意味初めてやる作業でしたので、少し不安がありました。っというのも、ネットで調べてみると、最初の審査がなかなか通らずに挫ける人が多いという情報を目にしていたからです。

ちなみにどうして審査がある意味初めてだったかと言うと、以前AdSenseを取得した時は、あるコンテンツを知り合いより譲り受け、それを審査に出したため、自分でやったとは言えないものだったからです。知っているのは取得する際の入力方法だけという状態でした(^_^;)


さて、早速、記事を作成して無料ブログに投稿。AdSenseへの審査を進めて行ったわけですが、これが驚きの早さで終わりました。

鬼速でAdSense1次審査通過!

AdSense1次審査は、通常1週間程度で特に問題なければ2~3日とAdSenseのヘルプに記述されています。

私も審査に時間がかかるということは認識していたので、まずはAdSenseの審査を早く終わらせようと思い、無料ブログ開設の作業から取り掛かりました。

紙とペン
そして無料ブログを開設した後、AdSense審査用の記事の投稿をして、審査の申し込みをしました。もちろん、記事なんて用意していなかったので、ブログが使えるようになってから記事を書いたのですが、内容は妄想という名の日記でした。笑

そして驚きなのが通過までの時間です。先ほどお伝えしたように、2~3日は覚悟していたのですが、1時間ほどで審査に通過してしまったのです。

正直なにかの間違えではないかと疑いました。再取得になるし、取得できない可能性もあったわけですから、驚きは倍増したわけです。

まさに鬼速の審査通過です。ブログ開設から記事投稿、審査通過まで、トータルしても3時間6分という時間で終わりました。

こちらがその時のメール画像です。

Photo
※画像をクリックすると拡大します

さて、無事1次審査を通過したわけですが、更に問題なのは2次審査です。ここまで順調に行ったとしても2次審査に落ちてしまえば意味が無いのです。

ただ、待ってる間なにもしないのはもったいないので、WordPressのブログ開設と設定をすることにしました。

WordPress用のドメイン取得とブログ準備

ということで、早速ブログ用のドメインを取得しなおしました。
ちなみにドメインというのは、http://●●●.com などの ●●●.com の事です。

このサイトだと、reversallife.com のことを指します。

ドメインには .com の他にも .net .jp .com などたくさんの種類があります。
なおサーバーについては、今まで使っていたものをそのまま使うことにしました。知識があり詳しい人は、サーバーのIPアドレスが同じなのって良くないのでは?という疑問が出てくると思いますが、ドメインだけ変えれば特に問題ないと思います。

なぜIPは変えなくて良いのか?という事については、ある教材をご購入頂いた方とコンサル生への限定公開としています。私のメルマガへご登録がまだであれば、ぜひ今のうちにご登録ください。

1日目で、まだAdSenseの2次審査までは時間がかかりそうなので、今回はここまでの作業で終わることにしました。

1日目の作業まとめ

今回行った作業は実に以下の通りです。

  • 無料ブログの開設
  • AdSense審査用の記事作成と投稿
  • AdSense審査の申し込み
  • WordPress用ドメインの取得

まだまだ余力はありますが、最初だけ飛ばしても途中で失速してしまうので、一気にやることはしませんでした。

実践教材はこちら!

PRIDE

記事公開日: 2014年12月01日
最終更新日: 2019年03月08日

[トレンドアフィリエイト実践記]

記事内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、以下のソーシャルボタンで共有してください。

コメントを残す

このページの先頭へ