特定電子メール法の罠!見た目に惑わされると危険

営利目的としてメールを発行する際に理解しておかないと危険なのが「特定電子メール法」です。しっかりと表記がされていない場合、個人では100万円以下の罰金、法人の場合3000万円以下の罰金が発生します。

ですが、この「特定電子メール法」、しっかりと表記があるから安心!と思っていると、思わぬ落とし穴にハマることがあるのです。

ちなみに特定電子メール法について詳しい説明は『特定電子メール法とは?必ず理解しておきたい4つのこと』の記事をご覧ください。

特定電子メール法の表示義務とは

疑問
営利目的でメールを配信する際に、迷惑メールなどの対策として定められた法律が特定電子メール法です。また特定電子メール法では、記載しなくてはいけない項目が送信者の表示義務として定められています。実際に記載しないといけないのは下記の通りです。

  • 送信者の氏名や名称
  • どこから発行されているのか(住所)
  • 連絡先
  • 解除リンク
これらの記載がなく、営利目的でメールを配信していた場合、罰則の対象となってきます。ただし、特定電子メール法は法律ですので、改変されることもあります。最新の情報については、総務省のホームページにあるガイドラインにてご確認ください。⇒『総務省:迷惑メール対策

さて、実はこれらの表示義務で定められた表記ですが、しっかりと表記がされていたからといって安心というわけではありません。

というのも、私のもとに、ある有名なASPを装いあるメールが届いたのですが、特定電子メール法の表記もしっかり記載されているなど、本当に細かいところまでよく見ないと気が付かないほど見事に偽装されていたのです

大手ASPを装い送られてきたメール

さて、実際にどのようなメールが届いやのか、本文を貼り付けるわけにもいかないので、画像で用意させていただきました。まずはこちらのメールをご覧ください。
偽造メール
※画像をクリックすると拡大します
ネットビジネスをやっている人であれば、知らない人の居ないであろう大手ASPインフォトップ。メールの送信名を見ても、特定電子メール法の記載を見ても特に問題なく記載されています。これだけ見ると、普通のお知らせメールのような印象を受けるのではないでしょうか。

もちろん、普通にインフォトップからお知らせのメールが届くこともあります。実際に、普段インフォトップから届くメールがどのような表記になっているのかも確認してみましょう。
インフォトップ受信メール
※画像をクリックすると拡大します

こちらがインフォトップから送られてくる際のメールなのですが、送信者名の表記も同じなため、ぱっと見だと違いがわからないかと思います。実際にメールが受信されると、メールボックス内では以下のような状態になります。
メールボックス
正直、この中に最初のメールが混ざっていたら、わからないですよね。しかも、普通にお知らせのメールだと思ってしまうのは、私だけではないと思います。

ちなみに、今回送られてきたメールについてですが、まず、本文中のURLをクリックすると、商品券を受取るためにメルマガへの登録を促されるようになっていました。また、特定電子メール法の記載部分については、ホームページはインフォトップが実際に記載され、住所もインフォトップのものというなんとも恐ろしい状態になっています。

次に購読解除リンクについてですが、実際に解除を行ってみたものの、数日もしくは数週間後には、普通にメールが送られてくるという状態です。もちろん、解除リンクをクリックすると、表示される画面には「解除完了」の文字がしっかりと表示されていました。にも関わらず送られてくるメール・・・。完全に迷惑でしかないですよね。

そこで、特定電子メール法の表記には、インフォトップの名前、ホームページ、住所の記載があったため、一応インフォトップに直接確認を行ってみました。すると・・・

インフォトップに確認してみました

もし、万が一にも、本当にインフォトップからのお知らせだった場合、解除しても送られ続けている状態を解決してもらいたかったので、一応インフォトップに確認をしてみました。そしていただいた回答の内容がこちらです。
インフォトップ回答
※画像をクリックすると拡大します
どうやら他にもお問い合わせがあるようで、多くの人に同じようなメールが送られているようですね。実際には今回のメールはインフォトップとは無関係のもので、迷惑メール・・・つまり、スパムメールと呼ばれるものだったわけです

ですが、メールが送られてくるようになった以上、どこかしらでアドレスや情報が漏れた可能性があるわけです。しかも、送られてくる迷惑メールの本文には、適当に当て込んでいるのかどうかわかりませんが、実際に購入したことのある商品であったり、ジャンルの名称が記述されていました。

インターネットというものを使っている以上、世界中どこからでもアクセスができ、プロのハッカーの手にかかれば、情報の抜き取りというのは造作のないことのようです。だからといって対策できないのかというと、私達でもできる対策はあります。

ネットは便利なものですが、ネットを利用していく上で、セキュリティに対しての対策は個人個人でしっかりとしていかなくてはなりません。これはビジネスをやるやらないに関わらず、ネットを利用していく上での最低限の条件ではないでしょうか。悪用されてからでは遅いですからね(^_^;)

ちなみに、今回の件、インフォトップのお知らせにもしっかりと掲載されていました。インフォトップに確認したところ、こちらを記載してほしいとの連絡をいただいたため、載せておきます。

【重要】インフォトップを名乗る不審なメールにご注意下さい!!

平素はインフォトップをご利用頂き、誠にありがとうございます。

2015年1月末より、インフォトップを名乗り、メール本文のフォームよりメールアドレスの登録をすると、9000円分の商品がもらえるポイントをプレゼントするとの不審なメールが不特定多数の購入者様に配信されていると報告されております。


電子メール例:
=========================================================================
件名: インフォトップより商品をご購入された会員様へ
差出人: インフォトップ
返信先: info@info-topjp.com


インフォトップより「商品」をご購入された会員様へ。

下記フォームより登録いただくと9000円分の商品がもらえる、
ポイントをプレゼントさせていただきます。

http://login.info-topjp.com/pc/lp/url/?m1=185&m2=343&m3=6&m4=6962480
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【インフォトップ 特別通信】
発行/ 株式会社インフォトップ

http://www.infotop.jp/

購読停止は次のURLをクリックしてください
http://login.info-topjp.com/pc/members/ocr/185/6962480/fdf67881/343

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9階

=========================================================================


上記内容のメールは弊社にて配信しているものではございません。
現在調査中ではございますが、メール本文に記載のURLよりメールアドレスを登録するとメールアドレスを盗み取られる可能性が高いと判断しております。

つきましては、上記メールが届いても、絶対にメールアドレスの登録を行わないようお願い申し上げます。

万一、登録をしてしまった場合は、ログイン情報を盗み取られている可能性がございますので、速やかにログインパスワードの変更をお願いいたします。

ログインパスワードの変更は、購入者マイページ会員登録情報変更メニューより変更をお願いいたします。

またメールの配信元の情報も併せて調査を行っております。
上記内容のメールをお受け取りになられたお客様はお手数ではございますが、下記お問合せ先(インフォトップ公式アドレス)まで受け取ったメールをそのまま転送頂ければ幸いに存じます。

宛先:inquire@infotop.jp

なお、株式会社インフォトップでは、ポイントサービスの提供は行っておりません。
上記メールは弊社とは一切関係がないことを併せてお知らせいたします。

もし今回のようなインフォトップを装ったメールが届いていた際は、「inquire@infotop.jp」に転送してほしいとのことです。

特定電子メール法の表記があるからといって安心しない

今回のケースの場合、送信者名が同じであり、なおかつメール本文内にも特定電子メール法の記載があるという状態で、一見普通のメールだったわけですが、実はスパムメールだったというものです。

今までは特定電子メール法の記載が無かったり、解除リンクが無かったり、送信者名も明らかに変な人や変な名前のものが多かったわけですが、スパムメールを送る人もどんどん分かりにくくして送ってきているようですね。

今後は特定電子メール法の記載がしっかりとあり、住所や解除リンクが載っていても、内容が少し怪しいものであれば安易に信じるのではなく、普段利用している業者のホームページから問い合わせをして確認したほうがいいかもしれません。

問い合わせを行うときは、ホームページから!というのは重要です。もし、仮にスパムメールだった場合、返信する形で問い合わせをしても無駄ですし、最悪、メール送信によってスパムメールの送信者に「このメールアドレスに送れば読まれる」という認識を与えてしまう可能性もあります。神経質になる必要はないですが、慎重に対応していきましょう。

それにしても、インフォトップからしたら、勝手に住所を利用され、ホームページのリンクまで使われ、散々な状態ですよね。少なからず営業妨害にもなっているわけで、このようなメールを送る方がいるのが非常に残念です。

今すぐログイン情報を変更しましょう

パスワード
さて、インフォトップから送られてきた回答には、「メールアドレスを登録してしまった場合は、ログイン情報を盗み取られている可能性があるので、速やかにログインパスワードの変更をするように」ということが書かれていますが、実際にメールが送られてきている場合や、リンクをクリックしてしまったのであれば、登録していたかったとしてもログインパスワードは変更したほうがいいでしょう

というか、インフォトップを利用しているのであれば、仮にメールが送られてきてなかったとしても、変更はした方が良いと思います。先程もお伝えしましたが、個人でできるセキュリティ対策は限られますが、できることに関してはしっかりと迅速に行なっていくほうが良いことは間違いありません

もしかしたら、インフォトップのログインパスワードの変更方法が分からないという方もいるかもしれませんので、簡単に解説を載せておきます。

インフォトップのログインパスワード変更方法

まずはインフォトップにアクセスし、トップページの右上あたりにある「購入者ログインはこちら」からログインを行います。
インフォトップ
※画像をクリックすると拡大します

「購入者ログインはこちら」をクリックすると、ログインIDとパスワードを入力する画面になるので、あなたの設定しているIDとパスワードを入力してください。
インフォトップ
※画像をクリックすると拡大します

ログインが完了すると、管理画面が表示されるので、上部に表示される各項目の中から、「会員情報」を選択してください。
インフォトップ
※画像をクリックすると拡大します

「会員情報」を選択すると、あなたの登録していた内容が表示されるので、パスワードの欄に記載されている旧パスワードを削除し、新しいパスワードを入力。問題なければ一番下にある確認ボタンを押して変更が完了します。
インフォトップ
※画像をクリックすると拡大します

ちなみにパスワードを変更する際ですが、インフォトップの場合、英語だけでも、数字だけでもだめで、記号も混ぜる必要があります。全部最低でも1文字ずつは利用した上で、8字から20字以内のパスワードを設定するので、忘れないようにご注意ください。

なお、利用できる記号は、以下の通りです。
! ” # $ % & ( ) = ~ | – ^ @ ` [ ; : ] , . / { * + } > ? _
英語と数字を混ぜればいいものだと思っていたので、記号を入れずに何度か設定できず???状態になりました(笑)

しっかりと読めば書いてあったのですが、通常だと英語と数字もしくは英語と記号というように2種類だけの場合が多いので、恥ずかしいことに勝手な思い込みをしてしまっていたわけです。

まとめ

実は、私は今回のことがあるまで、特定電子メール法の記載がされているメールは大丈夫という認識を少なからず持っていました。しっかりと住所も記載され、送信者も明記されているのだから、まさかそれで悪さはしないだろうと・・・。

ですが、今回のことで絶対はないということを再認識することができました。住所やホームページは、誰でも調べることができ、それを悪用する人もいる。残念ですが、これが現実なのでしょう。

ただし、誤解しないでほしいのですが、全てが全てというわけではありません。届くメールを懐疑的な目で見始めたらきりがありませんし、本当に大切な情報を漏らしてしまうことにもなりかねません。

ただ、もしも解除しても送られ続ける。同じような件名や本文のメールが何度も頻繁に送られてくる。というような状態なのであれば、しっかりと問い合わせを行い確認したほうがいいでしょう。

特定電子メール法の記載があるからといって安心をしない!しっかりとスパムメールを見分ける力をつけていくことも今後は必要になってくるでしょう。

メルマガへの登録はこちら

Coming Soon……

記事公開日: 2015年02月10日
最終更新日: 2015年06月27日

[ネットビジネス全般]

記事内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、以下のソーシャルボタンで共有してください。

コメントを残す

このページの先頭へ